近親相姦モノは受け入れ難いモノなのか

熟女モノで代表的なジャンルといえば近親相姦だろう。社会的なモラルに反しながらも母と息子が男女の仲として愛し合うのである。男が最初に女性と触れ合うのは母親が先なだけに、近親相姦に憧れる男性も少なからずいる。しかし、一般的な男性から見れば母親との性行為は嫌悪感を抱くと共にモラルにも反するためにそこまで人気が高いわけではない。所謂、マニア向けのジャンルなのだ。それでは何故熟女モノの代表的として扱われるのか。一般男性も近親相姦モノを見る人が多いのです。ただ、内容が実の母と息子ではなく義母と息子というように設定にされているのである。これなら血も繋がってないし、母ではあるけど年齢差があまりない為母には見えないという内容なために普通の男性にも受け入れられるようである。たまに、親戚のオバサンや歳の離れたいとこという設定でも近親相姦モノとして扱われることもある。

カテゴリー: 中年女性 パーマリンク